So-net無料ブログ作成

オプション価格の変動について(Option Price Behavior) [オプション取引]

CSPやCCでプット売り、コール売りした後、インザマネーにならないように祈るのみという怠け者ですが、

日頃の疑問を少しはお勉強ついでにOICのサイトから訳出しました。


**************

原資産の価格がアップしている日に、一部のコールオプションが実際に価値が下がるのはなぜですか?


オプションの価値を決定する6つの要素は、

株価、

ストライクプライス、

満期までの期間、

金利、

配当利回り

ボラティリティ(オプションの存続期間にわたる)です。


通常、株価が上がり、他の要因が同じであれば、コールオプションは上昇。

もし、(株価が上昇しているのに)コールオプションがダウンした場合は、他の要因の1つが変化しています。


時間の経過は明白にオプションの価値を押しさげます。

配当金支払いも影響を与える可能性があります。

実際のワイルドカードはインプライドボラティリティです。


時には、市場は、収益の発表や重要な人物による主要な発言など、市場動向を反映して、インプライド・ボラティリティを高めることもあります。

インプライド・ボラティリティは、イベントの後、しばしば、事象が予想される影響を受けなかった場合、急激に低下します。

*****************

なるほどなるほど。

(怠けもんなんで)グーグル翻訳使いつつ、修正いれてみました。

勉強になりそうなんで、気が向いたら時々やってみよ~。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。